非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

女にモテたければ、「ナンパ」をするのが“最短コース”。

f:id:kiriake-tatsuya:20180209141108j:plain

女にモテたければ、ナンパをするのが最短コース?これって、皆さん知ってました?え?知らない?ダメですね~。女性にモテたければ、実は、ナンパをすることが「最短コース」なのです。それについて、9年間で637人の女性をナンパでゲットした、私、桐明がずばりお答えいたします!

女にモテたければ、ナンパをするのが「最短コース」?


桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマはこちら⇒「女にモテたければ、ナンパをするのが最短コース」こちらをお送りしたいと思います。

女性にモテたければ、何をすればいいか?

ファッションなどを研究して、見た目を整える。トークの勉強をして、トークのスキル(技術)を高める・・など、色々あると思いますが、僕はやっぱり、女性にモテるようになりたければ、“ナンパをすること”、だと思うのですよね。

かくいう、この僕も、ナンパをしていく中で、女性にモテるかどうかは分かりませんが、かなり女性方面は自由に、またコントロールできるようになりました。

あと、まあ、これが「女性にモテる」ことかどうか分かりませんが、女性との“夜の方面”も、ナンパを通じてかなり経験させてもらいましたし^^

で、なぜ、本日のブログのテーマでもある、「女にモテたければ、ナンパをするのが最短コース」なのか?と言いますと、それはずばり、

・ナンパをしていけば、圧倒的な数の女性と直に触れ合う(交流する)ことができる

からです。

女性にモテるかどうかって、結局のところ、“経験の数”がものを言います。

至極簡単に言うと、女兄弟の多い男性や、女性の多い環境で育った男性は、そうでない男性に比べ、女性にモテることが多いです。これはイケメンでなくても、です。

なぜかと言うと、それは、女性と多く触れ合うことで、“女心”が分かり、何をすれば、また、何を言えば女性に好ましく思われるかが、「体感的、体験的に」分かるようになるからです。

実際、僕の周りの同級生でも、女性の兄弟が人よりも多い家庭で育った人間は、なんかモテますね、見た目はごく普通でも。普段から人より多く女性と触れ合っていることで、体感的、また体験的に女性の扱いが上手くなるからでしょうね。

・・話を戻しますが、ナンパをしていきますと、だんだんと「女性とのコミュニケーション」が上手くなっていきます。

これは当たり前なんですね。なぜかと言うと、ナンパというものは、極めて短時間の間で話をまとめなければならない行為だからです。

少しでも女性の気に障ること、“間違った回答、返答”をしてしまえば、そのナンパが失敗に終わってしまうからです(ナンパは短時間で行う行為なので)。

反対にナンパが上手い人間は、やっぱり女性の扱いが上手いです。

なぜなら、ナンパというものはごく短時間の間に、全くのゼロから(初対面)、自分を女性に売り込んで、信用させて、そして女性を気分良くさせて、クロージング(連れ出し等)まで持っていくものだからです。

これを考えると、ナンパができて、女性の扱いが上手くない、ということはまずあり得ないのですね。

なので、ナンパが出来るようになれば、必然的に女性の扱いが上手くなり、その延長線上に「女性のモテ」がやってくるのです。そして、それはナンパをやればやるほど磨かれていきます。

考えてもみてください。例えば、ナンパを一日に必ず一人の女性にするとなると、一か月で30人の女性と触れ合う(交流する)ことになります。

一か月の間に「新規の30人の女性」と触れ合うことって、普通はまずないです。

そして、その30人も、皆同じタイプの女性というわけではないので、その30人の女性を通じて、「様々なタイプの女性との交流」をまさに実践的に行っていくことができます。

そしてそれを行っていく中で、「こういう女性には、こういうことを言えば喜ぶのか」とか、「このタイプの女性には、こういうことを言うのはNG」といった、女性とのコミュニケーションでのプラス面、マイナス面を実践的に、また様々なタイプ・ジャンルの女性の「そういったこと」を体感的に学んでいくことができます。

こんなことを、短期間に多数の女性を通じて学べるのって、まさに「ナンパ」でしか出来ないことなのですね。

もちろん、ナンパではなく、通常の女性との出会いを通じてでも、こういったことは学んでいけますが、普通は、出会いの場に行って出会える女性は、大抵一人、二人なので、ナンパのように多数の女性と一気にというのは難しく、また時間もかかります。

その点、ナンパの場合は、例えば、一日に3人の女性と交流すれば、一か月で90人の女性と直に交流することができます。90人ですよ。学校のクラスで言えば、4,5クラス分くらいの女性の数です。

そして、多数の女性と交流すれば、「様々なタイプの女性のパターン、癖、長所、短所」などを体感的に学習することが出来るので、短期間で「女心」が分かるようになり、女性の扱いも上手くなります。そして、それが“女性のモテ”の道に繋がっていきます。

ナンパに限らず、どんな分野のことでも、一定のボリュームの量(行動)は、質(スキル)に変わっていきます。

女性方面も、ナンパで多数の女性と一気に交流していくことで、途中から「質(スキル=女性の扱いが上手い)」に変わっていくのです。

なので、今、女性にモテないとお悩みの方は、女性にモテたければ、ナンパをしていけば、おのずと女性にはモテるようになっていきます。その理由・根拠は、本日お話した通りです。

女性にモテたい方は、ナンパ、やりましょう。

また、ナンパが成功する「正しいナンパのやり方・ノウハウ」の具体的な話につきましては、こちらでそのことを詳しく解説していますので、良ければ、またご覧になってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー