非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパ初心者でもナンパが簡単に成功するための「8つの要素」とは?

f:id:kiriake-tatsuya:20180212163312j:plain

ナンパ初心者でもナンパを簡単に成功に導く「8つの要素」とは?ナンパ初心者・未経験者がナンパで成功するための「8つの要素」について解説いたします。

ナンパ初心者でも、ナンパが簡単に成功するための「8つの要素」知っていますか?

 

桐明です。皆様、こんばんは。第2回目のブログとなります。

さて、改めましてこのブログは、僕、桐明達也が「9年間で637人の女性をゲットしたナンパの仕方・方法」をお伝えしていくものです。

「え?桐明達也ってどんな奴?」と思われた方は、第1回目のブログで僕がどんな奴か、詳しく書いておりますので、ぜひそちらをご覧ください^^⇒(第1回目のブログ)

で、このブログを初めて目にされる方は、

「9年間で637人の女性をナンパでゲット?嘘つけコラッ!」

というリアクションが反射的に起こると思います。

しかも、“ブログのタイトル”にもあるように、それをしたのが、“非イケメンの凡人男”だから余計ですね。これが、「元ホストが~」とかだったら、そこまでの感情にはならないかもしれません。

「非イケメンの凡人男が、9年間で637人の女性をナンパでゲットするなんて、出来るはずがない!」

まずこう思われるのが、一般の方の極めて正常な感覚、また感情だと思います。

でも僕からすれば、この「9年間で637人の女性をゲット」って、全然たいしたことじゃないんですよね。

だって、月計算したら、“ひと月に平均5~6人の女性をゲット”ですからね。一ヶ月は約30日あるので、そう考えると、実はそれほどは凄い数字ではないことが分かります。

僕も、本当はもっとナンパをしたかったのですが、なにぶん、この9年間はサラリーマンで忙しくしておりましたので、ナンパをする時間が限られていて、やれて週に1~2回というところでした。

なので、ぶっちゃけ、今みたいにサラリーマンをやっていなかったら、“この数字”はもっと大きくなっていたと思います(まあ、今は今で、ナンパのコンサルとかで忙しいのですが^^)。

「いやいや、月に5~6人の女性をナンパでゲットするのも難しいだろ」

と思われる方は、ナンパという行為をあまりにも難しく考えておられます。

ナンパは、「まず一人の女性を確実にゲットできる方法」を確立したら、後は、やればやるほどゲットする数が増えていきます。

僕の場合は、仕事が忙しかったというのもあって、ナンパをやれても週に1~2回でしたが、時間と余裕がある方は、毎日でもやれますよね?

そうなると、

・女性を確実にゲット出来るナンパをする×ナンパの実践の数=ゲットした女性の数

となり、もうやればやるほど、女性のゲット数は増えていくのです。

ただし、「一人の女性を確実にゲットできるナンパの仕方・方法」を確立しなければなりませんが。

巷でやられているナンパ方法は“全部間違っている”

 

僕からすれば。

世間でよく耳にする(または街で見かける)ナンパのやり方を見ると、皆さん、本当に「とても難しいナンパのやり方をしているな~」と思います。正直、そのやり方では成功しないでしょっ、ていうやり方をしていますし、わざわざ「成功しにくいナンパ」を、ひたすら根性でやっている感じです。

そして、成功しにくいナンパをやっているから、数をこなさなければならない。

以前、僕のナンパコンサルを受ける前に、別の方のナンパコンサルを受けられていた方が、そのコンサル講師から「ナンパが出来るようになりたかったら、数をこなせ」と言われ、それを真に受けて、一日に4,50人の女性に声をかけていたと言っていましたが、こんなこと、僕からすれば信じられないことなんですね(汗)

ちなみに僕は、ナンパを始めたら、だいたい2,3人の女性に声をかけたら成功するので、それが成功したら、その日は店じまい(笑)。なので、一日に声をかけるトータル人数は、多くても5,6人というところです。

これ、なんでかっていうと、僕が「まず一人の女性を確実にゲットできるナンパの方法」を確立しているからです。これが出来ていたら、数を行く必要は全くないんですね。なぜなら、“ナンパをしたら成功してしまうから”

本当に成功するナンパは、この“8つの要素”で出来ている。

 

第1回目のブログでも言いましたが、ナンパは成功するコツさえ掴めば、実はそれほど難しいものではないです。正統派の恋愛手法と違って、イケメンではない、ごく普通の男性でも、コツさえ掴めば簡単に成功する、それが“ナンパ”なのです。

そして本日お話したように、「まず一人の女性を確実にゲットできるナンパ」を確立させれば、これはもう、ナンパをやればやるほど女性をゲット出来ますので、巷でよく言われる“100人斬り”なんてものは、あっという間に通り過ぎてしまいます。

では、その「まず一人の女性を確実にゲットできるナンパ」ってどういうものなのか?というと、これは「成功するナンパの構成要素」を考えれば、それが見えてきます。

それは、

 

・ナンパをする人間の見た目(身だしなみ・服装等)

・どこでナンパをするか?

・いつナンパをするか?

・どういうターゲットに行くか?

・どういう声かけをするか?

・どういう会話をするか?

・どういうクロージングトークをするか?

・どこに連れて行くか?(連れ出し)

 

この“8つの要素”。

成功するナンパは、上記の「8つの要素」から構成されています。

ということは、この8つの要素が正しい方向性(女性をナンパでゲットする)に向いていれば、おのずとナンパは成功するのです。

なので、この「8つの要素」は、出来れば全て正しく出来ているのが理想です。

なぜなら、例えば、上記のほとんどの要素が良かったとしても、「ナンパをする時の見た目(身だしなみ・服装等)」がダメだった場合、これは成功率は下がるわけです。

また見た目はOKでも、声かけの仕方がダメだったり、そもそもナンパをしている場所が悪かったりしたら、やはり成功率は下がる・・

つまり、上手くいくナンパとは、成功率を下げる要因が少なければ少ないほど簡単に成功するということ。

逆に言うと、ナンパが成功しない方は、上記の要素のどこかが間違っている、もしくはダメなのです。まー、僕から言わせれば、巷でやられているナンパは、上記全てがダメな場合が多いですが^^

本当に成功するナンパは、“数は要らない”“時間もかからない”

 

お伝えしてきたように、ナンパは、上述した「8つの要素」を正しく押さえれば、基本的にどなたでも成功します。なぜなら、この8つの要素が、成功するナンパを構成する要素だからです。

ということは、ナンパをされる方は、この「8つの要素」が正しく押さえられているかどうか、ここが重要になってきます。ナンパが成功しないという方は、必ず、この8つの要素の中のどれかがマズいからです。

例えば、一つ簡単な目安を言いますと、ナンパを始めてから10人の女性に声をかけても、全く上手く行かない場合、確実に8つの要素のどれかがマズいです。間違っています。

なぜなら、この8つの要素が正しければ、10人の女性に声をかけるまでに、必ず誰か一人の女性は「ゲットできてしまう」からです。

また、ナンパをして女性と話が出来ても、30分以上経過しても、どうするか結論が出ない場合も、8つの要素のうちのどこかがダメなので、それは成功するナンパとは言えません。

ナンパは、成功する時は結論が出るのが非常に早いからです。

例えば僕の場合でしたら、ナンパが成功する時は、大抵、10分以内にはクロージングまで行きます。早い時は、本当に数分、という時もあります。

普段、ナンパをされる方で、粘ることがナンパだと思われている方もいますが、はっきり言って、それは間違っています。本当に成功するナンパは、あまり時間をかけて粘る必要はないのです。

基本的に、巷でよくやられているナンパは、「とにかく数多く声をかける」「とにかく粘る」といった側面が強いので、僕から見れば、これは“成功するナンパの法則”に反していると言えます。

なので、今そういったナンパをされている方は、一度やり方を見直されてみた方がいいと思います。本当に成功するナンパは「数多くいかなくていい」「あまり時間はかからない」ですから。本日お話した「8つの要素」と合わせて頭に入れておいてくださいね。

それでは長くなりましたが、本日も、お付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

また次回のブログでお会いしましょう!

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー