非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパスポットには“旬”がある、というお話・・

f:id:kiriake-tatsuya:20180217155205j:plain

ナンパスポットには“旬がある”、という話をしてみたいと思います。あなたがナンパをしているそのナンパスポット、「旬が過ぎていたら」もうそこはダメですよ~

ナンパスポットには“旬”がある


桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマはこちら⇒「ナンパスポットには“旬”がある」こちらをお送りしたいと思います。

ナンパスポット(ナンパをする場所)には“旬”があります。

ある場所でナンパをすれば、バリバリ女性をゲットできていた場所でも、ある時期からナンパが成功しなくなる・・これはつまり、そのナンパの場所、ナンパスポットの「旬が過ぎた」ということになります。

ちなみに、このナンパスポット、意味としては二通りあり、一つは、皆がよく知っている、昔からそこが“ナンパスポット”だと認められている定番のナンパスポット。

もう一つは、そういったところではない、自分で見つけた「オリジナルのナンパスポット」のことです。

今回、僕が言っている、“ナンパスポットには旬がある”というのは、後者の「自分で見つけた、オリジナルのナンパスポット」のことであり、世間で認知されているような「定番のナンパスポット」のことではありません。

てか、「定番のナンパスポット」でナンパをやろうとするなんて、極めてアホというか、僕からすれば、わざわざ難易度の高いナンパをする“チャレンジャー”のように思えてなりません。“あえて難しい方をやる”みたいなね。

なぜかと言うと、世間に、そこが「ナンパスポット」だと知られている(思われている)ナンパスポットは、もうその時点で、手垢がベタベタとべったり付いていて、そこで女性をナンパしても、意外でも何でもない。新鮮味がまるで無いのですね。

これは“僕の持論”ですが、ナンパって、極力楽に成功させようと思えば、“意外性”とか“新鮮味”、これがもの凄く大事になってきます。

「これ」があれば、ナンパって、思っている以上に楽に成功するんです。これは、ナンパをする場所に限らず、「ナンパの声かけ」や「トーク」「ナンパをする時の服装」など、全てに言えることですが。

ナンパは、“意外性”と“新鮮味”、これがあれば、ナンパを初めてやる人間でも、いきなり上手くいったりする。

これとは反対に、上手くいかないのが、「ベタな」「ありきたりな」「意外性の無い」ナンパのやり方です。

皆がよく知っているナンパスポット、ナンパ師たちが、うじゃうじゃといるナンパスポットでナンパをやっても、声をかけられる方の女性にとっては、それは意外でも何でもなく、ベタで、ありきたりな行為になります。

なので、巷で有名なナンパスポットでナンパをするということは、ある意味“チャレンジャー”であり、わざわざ自分から難易度の高い、成功しないナンパをやりに行っているようなものなのです。

で、話を戻しますが、今回僕が言っている、「ナンパスポットには旬がある」という話ですが、これは、なので、言うまでもなく「定番のナンパスポット」のことではなくて、自分が見つけた「オリジナルなナンパをする場所」のことです。

で、定番のナンパスポットではない、自分が見つけた「オリジナルのナンパスポット」も、やっぱりナンパの成功に関しては、“旬”があります。

え? 皆がやっている定番のナンパスポットじゃないのにどうして?と思われるかもしれませんが、その主な理由としては、

他のナンパ師にそこがバレちゃうから

です(笑)

結局、有名なナンパスポットではない、自分が見つけて、こっそりやっている“ナンパスポット”も、そこで日々、ナンパをやっているうちに、それを他のナンパ師達が目ざとく見つけて、その人間たちも、そこでやるようになります。

そして、それが二人、三人、四人と増えていくと、もうそこはダメですね。結局、有名なナンパスポットとあまり変わらなくなってきます。

女性も、そこでやたら男性に声をかけられるようになり、有名なナンパスポットのように、そこで声をかけられることは、「意外でも」「新鮮」でも無くなっていき、OKする率が下がってくるからです。

僕ねー、大阪で2ヵ所、自分や自分のコンサル生がやっていた“ナンパスポット”を潰されちゃってるんですよー(泣)

僕や、僕のコンサル生がこっそりやっていた“ナンパの場所”が、他のナンパ塾の関係者に見つかっちゃって。そこのナンパ塾、かなり規模が大きいんですけど、僕がこっそりやっていた、その2ヵ所で、大規模なナンパ声かけ体験?(実践?よく分からない^^)をやり始めてしまって。結局、その2ヵ所、今、大阪の「新しい有名なナンパスポット」に変わり果てています・・

こんな風になっちゃうと、いくら自分がこっそり見つけた場所でも、もうダメなんですね。つまり、ナンパの場所としては、“旬が過ぎた”ということになります。

まあでも、有名なナンパスポットに比べ、「その旬」は長いですけどね。バレることって、早々ないですし。

でも、僕はこの大阪の2箇所の場所、5,6年、そこでこっそりやって、バカスカ女の子をゲットしていましたけど、遂に他のナンパ師にバレちゃいましたね~

まあ、ナンパスポットって、特許とかがあるわけじゃないし(当たり前 笑)そこでやってるのが人にバレるのは仕方無い。でも、5,6年ぐらいは、バレずにこっそりやって、女の子を他の人間よりたくさんゲットできるのです。

そして、そこがバレてしまったらどうするか?

また他のところでやればいい

だけです^^

僕は今、また誰もナンパなんてしていない、誰も知らない「全く別のところ」でやってますよー。ナンパの成功率も変わり無しです。

まあ、ここも、またやっていると、どこかのナンパ師が嗅ぎつけてバレるんだろうなぁ。でもそうなったら、また別のところに移動して、そこでやるだけです。

ナンパが成功する場所なんて、探せばいくらでもありますので。

また、「ナンパ初心者でも、ナンパが簡単に成功するナンパスポット」を知りたい方は、こちらに詳しく書いておりますので、良かったらお読みになってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

ナンパスポットは、「意外性」「新鮮味」が無くなると、もう賞味期限切れですので、そこではやめましょうね~

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー