非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

成功するナンパのトーク(会話)の本質とは?

f:id:kiriake-tatsuya:20180302172203j:plain

成功するナンパのトーク(会話)の本質とは何か?ナンパのトーク(会話)は、ここ(本質)を押さえると簡単に成功するようになります。さて、その“成功するナンパのトーク(会話)の本質”とは・・?

「成功するナンパのトーク(会話)の本質」とは何か?

 

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマは、「成功するナンパのトーク(会話)の本質」これについてお話したいと思います。

“ナンパのトーク(会話)” これ、ナンパをやってみようと思う方は、「ナンパの声かけ」と同様、すごく気になるところだと思うのですよね。

ナンパは、何か飛び道具を使うのではなく(たまに使う方もいますが・・笑)、基本的に、“口”(トーク・会話)だけで女性を説得し、連れ出しや連絡先交換のOKをもらう行為です。

なので、ナンパはトーク(会話)が重要なのは言うまでもないのですが、でも、だからと言って、トーク(会話)が上手でないとナンパが成功しないのか?と言うと、決してそうではありません。

ナンパコンサルタントとして、これははっきりと断言いたしますが、トーク(会話)の上手でない方、また口下手の方であっても、他の要素が良ければナンパは成功します。

というのは、第9回目のブログ(⇒ナンパ初心者でもナンパが成功するトーク(会話)の仕方と方法)でも言いましたが、ナンパを成功させるのに、トーク(会話)が最も重要か?というと決してそうではなく、ナンパを成功させるために必要な、“一つの要素”にしか過ぎないからです。

むしろナンパは、意外に“他の要素”の方が大事だったりします。

ただ、とはいえ、ナンパは基本、口(トーク・会話)だけで女性をゲットするものなので、トーク(会話)が重要なことには変わりは無い。

トーク(会話)が上手い方が、ナンパが有利であることは間違いないし、またいくら他の要素が良くても、めちゃくちゃなトーク(会話)をしていたら、ナンパは成功しません。

そこで、ここで重要になってくるのが、「成功するナンパのトーク(会話)の本質」を知ることなのです。

あなたは、「成功するナンパのトーク(会話)の本質」を正しく理解していますか?

成功するナンパのトークの本質は「面白いトーク」でも「マシンガントーク」でもない。

 

ナンパをされる皆様、“成功するナンパのトーク(会話)の本質”、これを正しく理解していますか?

また、今これをお読みの皆さんは、「成功するナンパのトーク(会話)の本質」とは何だと思いますか?良ければ、一度考えてみてください。

例えば、こういう質問(成功するナンパのトークの本質は何ですか?)を僕のコンサルに初めて来られた方によく尋ねるのですが、その時に一番多い答えが、

「面白いトークが出来ること」

「マシンガントークが出来ること」

この2つの答えをされる方が一番多いです。

ナンパを成功させようと思えば、そのトークは「面白くて」「マシンガントークで」出来るのが望ましいと思われている方が多い。でも僕からすれば、これはナンパのトークへの先入観。

もちろんナンパをした際に、面白いトークやマシンガントークが出来れば、それがナンパに有利に働く面はあります。面白いトークなんて、ナンパでなくて、普通の会話の時でも喜ばれますからね。

でも、「面白いトークが出来ること」「マシンガントークが出来ること」ここが、成功するナンパのトークの本質ではない。

これが出来れば、なお良いが、たとえこれが出来ていても、“成功するナンパの本質”を押さえていなかったら、ナンパは決して成功しない。

では、成功するナンパのトークの本質とは何なのか?

それについて、今から僕が、ずばり「答え」を言います。日頃、ナンパをする方は、しっかりと頭に入れてくださいね。

成功するナンパのトーク(会話)の本質、それは、

 

“女性の警戒心を無くすこと”

 

ずばり、これなのです。

成功するナンパのトーク(会話)の本質は「女性の警戒心を無くすこと」ここにあるのです。

これが出来ていないナンパのトーク(会話)は、いくら「もの凄く面白いトーク」をしても、また、次々と会話を繰り出す「マシンガントーク」が出来ても、ナンパはまず上手くいかない。

ではなぜ、「女性の警戒心を無くすこと」が、成功するナンパのトーク(会話)の本質なのかというと・・

人間は相手に警戒心があるうちは、相手の言葉は耳に入らない

 

なぜ、「女性の警戒心を無くすこと」が、成功するナンパのトークの本質なのか?というと、これは、ナンパという行為について、今一度考えてみると分かります。

ナンパとは、「見ず知らずの女性に声をかけ説得し、連れ出しや連絡先交換を承諾してもらう行為」です。

ということは、ここで一番ポイントになってくるのが「見知らぬ他人への警戒心」です。

人は、よほど馬鹿でない限り、相手に対して警戒心のある人間に誘われてついていく人間はいません。また、警戒心のある人間と連絡先を交換する人間もいません。

声をかけてきた男のトーク(会話)がどれだけ面白くても、相手に警戒心があるうちは、絶対にどこかに一緒に行ったりしない。連絡先交換には応じない。

逆に、警戒心が無くなった状態で面白いトークが出来れば最高。それは、まさに鬼に金棒です。でも、いくら面白いトークが出来ても、女性のこちらに対する警戒心が解けなかったら、それはナンパの成功には繋がらないのです。

これは、人間の生理的反応を普通に考えてみれば分かると思います。

もし、あなたが女性だとして(想像しづらいと思いますが、、)、知らない男が声をかけてきて、そのトークがめちゃくちゃ面白かったとしても、相手への警戒心が解けないのに、相手に飲みに誘われてついていきますか?連絡先を交換しようと言われて交換しますか?しませんよね?

これは、女性も当然同じです。

相手への警戒心が解けて、そこから「さて、どうしようか」という話になるのです。

なので、成功するナンパのトーク(会話)の本質は、「面白さ」でも「マシンガントーク」でもなく、「いかに女性の警戒心を無くせるか」なのです。

ナンパのトークは、“いかにナンパっぽくないか”が鍵

 

成功するナンパのトーク(会話)の本質は、“女性の警戒心を無くすこと”。ご理解頂けましたでしょうか?

このことは、普通に人と人とのコミュニケーションを考えれば、すぐに理解できると思います。

例えば、あなたが、初めて会った人から何かセールスされた時、いくらそれが魅力的なもののようであったとしても、それを売っている人間に警戒心があるうちは、それを手にしようとは思わないはずです。

でも、相手への警戒心が薄れてきたら、そこで初めてどうしようか吟味し始める。ナンパに対する女性の感情もこれと全く同じです。

これが、ナンパとなると不思議に皆、この当たり前のコミュニケーションの部分が欠如して、とにかく「いかに面白いトークができるか」「マシンガントークができるか」に終始しがちですが、そこが成功するナンパのトークの本質ではないのです。

では、女性の警戒心を無くさせるトーク(会話)はどういうものかというと、これは「いかにナンパっぽくないか」がポイントになってきます。

逆に言うと、「いかにもナンパっぽいトーク」は、ナンパだと始めからバレバレなので、なかなか女性の警戒心が解けない。要はゲットするまでに時間がかかるのですよね。

たとえば、ナンパのトーク(会話)というと「マシンガントーク」を連想される方もいますが、これなんて、ある意味、ナンパ師のトークのテンプレートみたいなもので、声をかけられた方の女性は、一瞬で「ナンパ」だと分かり、警戒心を無くすのに時間がかかる。

マシンガントークで粘りに粘って押して成功したとしても、最初から自分で「チャライナンパ師です」というレッテルを貼ってやっているようなものなので、女性の警戒心を解くのに時間がかかるのですよね。

「いや、そういうのがナンパっぽくて楽しいんだ」という方は、そうやるのも良いと思いますが、僕は出来るだけ時間をかけずに、また無理をせずにゲットしたいので、マシンガントークは絶対にしませんし、とにかくナンパのトーク(会話)では、「女性の警戒心を無くすこと」に重きを置いています。

つまり、ナンパのトーク(会話)は、“出来るだけナンパっぽくなく、普通な感じ”が一番だということ。これより警戒心を無くすトーク(会話)は無いと思いますよ。

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー