非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

巷で流行っているマッチングアプリは可愛い女のナンパに使えるのか?検証してみたところ、“衝撃の事実”が・・

f:id:kiriake-tatsuya:20180309002655j:plain

今、巷で流行っている「マッチングアプリ」。これって、本当に可愛い女性のゲットに使えるのか?ずばり検証してみました。すると、“衝撃の事実”が判明して・・

マッチングアプリ(ペアーズ等)は、可愛い女のゲットに使えるのか?検証すると、“衝撃の事実”が・・

 

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

本日は少し、いつもとは違う角度から「ナンパ」について話してみたいと思います。

ナンパではないですが、皆さんは、「マッチングサイト」もしくは「マッチングアプリ」というものはご存知でしょうか?

既にされているかもしれませんが、その中でも特に「ペアーズ(Pairs)」というものが有名ですよね。

これを知らない方のために、極めて簡単に説明しますと、ネット上で好みの異性を探して(投稿されている写真やプロフィールを見て)、良さそうな異性を見つけたら、「いいね」を押して、相手からも返事が返って来たら、ネット上でやり取りが始められ、そこで気が合えば「実際に会う(デートする)」というものです。

ものすごく分かりやすく言うと、“健全な出会い系サイト”といったところです。

出会い系サイトという言葉を出してしまうと、もうそれだけでイメージが悪くなりそうですが、今までのそういったものに比べたら、かなりクリーン(健全)です。

実際、僕の周りでも、ごく普通の人が普通にやって、実際、これで異性と知り合ってデートもしています。

今、この「マッチングアプリ」で異性を探して知り合い、デートするというのが、海外に送れてようやく日本でも根づきつつあります。

これの良いところは、なんと言っても手軽さです。

日頃仕事などで忙しくても、アプリを開いて、たくさんの異性の中から、ばーっと良さそうな人を探して、好みの異性がいたら「いいね」を押して、相手からも返事が返って来たら、2,3のやり取りが問題無くできたら、大抵会うことが出来ます。

これ、なぜかというと、登録者は基本的に皆、異性を探しているからです。そういう能動的な意思を持っている人間の集まりなので、お互いにいいね(マッチング)したら話がまとまるのも早いわけです。

なので、僕の知り合いの40代のある男性は、これを最近登録してから、女性と出会いまくっていて(しかも、20代の女性などの若い女性)、しかも「やりまくって」います。

彼曰く、「こういうの、もっと早くに知りたかったよ・・だったら自分もさらに若いし、もっと女を食えたはず」などと、欲深いことを言ってるわけですが、こういうマッチングアプリは上手くハマれば、たしかに手軽に、また早く好みの女性と出会うことができるのです。しかし・・

マッチングアプリでは、97%の人間は“存在しない”説・・

 

ペアーズのようなマッチングアプリは、異性と知り合うには、たしかに手軽で便利です。

空いている時間にスマホでアプリを開いて、さながら異性名鑑のようになっている、異性の紹介ページをざーっと見ていって、気に入った人がいれば、「いいね」を押して、相手から返事が返ってくるのを待つ。

そして返事が来たら、会う日を決めて実際に会う。

「なんて楽なんだ!」と思うかもしれません。

しかし、ここに“大きな落とし穴”があります。

実は、こういう、人が能動的に人を探す場では、一部の限られた人間だけが勝つ(この場合、モテる)ようになっています。

例えば、あなたがマッチングアプリに登録したとして、スマホでアプリを開いた時、あなたの目に留まるのは、ルックスの良い、いわゆる「可愛い女性、綺麗な女性だけ」だと思います。

それ以外の普通か、それ以外の女性は一切目に入ってこないと思います。というか、本当に好みの可愛い女性以外は、記憶に残らないと思います。

また、こういうアプリは年齢などで細かく条件検索ができるので、例えば25歳以下で検索した場合、さらに自分が良いと思う女性は限られてくると思います。

男は大抵、若い女性が好きなので、検索して探す女性も、若い女性に限られてくると思います。

となると、年齢がいっていて、容姿が普通か普通以下の女性は、どれだけの数登録されていても、それは男性の目には留まらないので、ほとんど“存在しないのも同然”となります。

結局、女性の場合、一部の限れた女性(若くて、可愛い、綺麗)に人気が集中するという現象が起きます。

あなたがマッチングアプリに登録してアプリを開いても、たとえ、そのアプリに50万人の女性が登録していとしても、あなたの目に留まるのは、その中の“ほんの数パーセントの女性のみ”、いや、もっと少ないと思います。

なんせ、若くて可愛い女性にしか目がいきませんから(まあ、そうでない趣味の方もおられるとは思いますが^^)。つまり、残りの大半の女性は登録していても、登録しているだけで、実際は何の意味もないのです。

今はこの話、「男側の目線」から話をしましたが、これ、女性に側に立っても全く同じ現象が起きます。

いくら、多くの男性がこのアプリに登録して活動をしていたとしても、女性の目に留まるのは一部の高スペックな男性(容姿、収入、学歴、職業、肩書き、年齢等)のみ。

それ以外の、いわゆる普通(僕のような 笑)の男は見向きもされない現実が待っているのです。

マッチングアプリを使うべき人間

 

結論から言うと、僕の見解では、今流行りのマッチングアプリというものは、男でも女でも、「高スペックの者だけが美味しい思いができるツール」だと言えます。

女性なら見た目が可愛い、綺麗、若い。男なら、イケメン、収入が高い、良い職業、肩書きですね。

冒頭、僕の知り合いの40代の男性が、ペアーズで若い女性を食いまくっているという話をしましたが、彼自身、40代ではありますが、モデル系のルックスのかなりのイケメンですし、また大手企業で働いていて、収入も高いです。

そういう、イケメンとか、普通の容姿でも一流企業に勤めていて収入が高いといった、総合的にスペックの高い男性は、こういうマッチングアプリを使えば、もう本当に手軽に好みの女性を探しては、ゲットすることが出来ます。

でも、そこまでのスペックでない、ごく普通の人間は、こういうものをやっても、現実を思い知らされるだけで、思い切り自信喪失に繋がります。

「いや、写真の撮り方とかを工夫すれば、なんとかなるだろ」という方もいるかもしれませんが、イケメンじゃない方は、実際に女性に会った時もイケメンに修正することは出来ないので(笑)、結局、会った時の印象がどうかで決まってしまいます。

僕が言いたいことは何かというと、こういう能動的に何かを探そうとする場では、人は「もっと良いものを!もっと自分好みのものを!」となりがちです。

そういう人の欲深いところに火をつけてしまうところが、こういう場では起こるのです。なので、こういう場では、モテる勝者は、ヒエラルキーの上位数パーセントのほんの一部の人間だけなのです。

ナンパは、恋愛弱者でも大きな獲物(可愛い女性)をゲットすることができる、唯一の恋愛手段

 

さて、長くなりましたが、ここで「ナンパ」の話です(笑)

ナンパは、今流行のマッチングアプリなどと違って、その場で自分の肉眼で見た女性に、その場で直接声をかけるという、非常に古典的でアナログな手法です。

でもこれは、成功した場合、相手のこちらに対する印象にズレはありません。その場で見ていますから。

マッチングアプリだったら、写真をいくらでも加工できますが、リアルでは加工できない。

なので、ナンパは上手く行った場合は、意外に長い関係性になることが多い。付き合うとか、そうでなくても友達とか。

また、ナンパの最も良いメリットは、セレンディピティの効果”です。

セレンディピティとは、偶然の出会いによる“トキメキ”のことです。

ナンパはその日、その時、その瞬間に出会えなければ、まず出会うことのない二人です。まあ、男が声をかけているわけですけども。でも男が声をかけなかったら、確実に出会うことの無かった二人なわけです。元々何の関係性もないわけですから。

実はこのことが、ナンパで親しくなった時は、他の人間関係よりも、それを大事にしようと思う気持ちが働きやすくなります。これがセレンディピティ効果。

だって、同じ日本に住んでいるとはいえ、その日のその瞬間に、もし1分でもズレていたら、出会えてなかった二人なのですから、ナンパといえども、親しくなってしまえば、このこと(セレンディピティ)に価値を見出すのが、また人の自然な感情の流れです。

だからナンパは、たとてイケメンでなくても、どちらかというと不細工でも、普通の会社に勤めていても、フリーターでも、上手くいけば、このセレンディピティの効果が発揮されて、知り合った女性と長く付き合ったりできるのです。しかも可愛い女性とね!

ただし、そのためには上手なナンパをやらないといけませんが。

それについては、非イケメンの凡人男代表の僕が、9年間で637人の女性をゲットしたナンパのやり方が参考になると思います、ハイ^^

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー