非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパした女と“ワンナイトラブ”(当日お持ち帰り)は本当にあるのか?について検証してみた。

f:id:kiriake-tatsuya:20180302222239j:plain

ナンパした女と“ワンナイトラブ”(当日お持ち帰り)は本当にあることなのか?これについて具体的に検証してみました。さて、その“検証結果”は・・?

ナンパした女とワンナイトラブ(当日ベッドイン)は本当にあるのか?

 

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日取り上げますテーマは、「ナンパで“ワンナイトラブ”(当日お持ち帰り)は本当にあるのか?」これについてお話したいと思います。

ナンパ業界では(そんな業界あるのか!?)、ナンパした女性をその日にお持ち帰り(女性とベッドイン、いわゆるワンナイトラブ)することを「即ゲット」と言ったり、ナンパで知り合った女性と2回目でベッドインすることを“準即”’(二度目でエッチ)と言ったりしますが(←こういう業界用語、ほんと、どうでもいい。。)。

ナンパの世界に住んでいない、ごく普通の一般の方は、

「ナンパした女性と“ワンナイトラブ”(その日にベッドイン)なんて、本当にあることなのか?」

と、一度くらいは思われたことがあるかと思います。

そこで本日は、この“ナンパでワンナイト”(何かの番組名みたい・・笑)が本当にあることなのか、ナンパコンサルタント(この言葉も自分で言ってるだけですが・・でも、僕は真面目なコンサルをしますよ^^)の立場から、ずばりお答えしたいと思います!

ナンパで“ワンナイトラブ”(当日お持ち帰り)・・これって本当にあるの?

 

ある日、ある場所で、かなり好みの女をナンパした。

その女性と近場のワインバルに一緒に飲みに行って盛り上がり、その日のうちに“ワンナイトラブ”(ベッドイン)・・

さて、こういうことが、絵空事ではなく、実際にあることなのか?

このことについて、日頃、ナンパを真面目に教えている、“ナンパコンサルタント”の僕が答えるとすると、その答えは、

 

“ナンパでワンナイトラブ(当日お持ち帰り)は普通にあります。てか、ワンナイトラブは、ナンパの出会いが一番多い”

 

です。

僕のこの質問に対する答えは、素直にこうなります。

まず、ナンパでワンナイトラブ、ナンパで知り合った女性とその日にベッドインすることは普通にあることですし、それほど特別なことではありません。

でもこれ、普段ナンパを一切やらない方は、「うっそ、つけ~お前!」となると思うのですが(笑)、これ、マジもマジ、本当のことなんです。

だからこそ、ナンパのこういう“可能性”を一度知ってしまうと、もうなかなかナンパの世界から足を抜け出せない、という側面もあるのですが・・

ナンパを今まで一度もやったことがない、あるいは普段全くやらない方は、その日、声をかけて知り合ったばかりの女性とその日中に、例えばホテルに行くことなんて、エロ小説の読み過ぎだ!と思われるかもしれませんが、ナンパがある程度出来る方で、普段、定期的にナンパをやっている方は、こういうこと(ワンナイトラブ)は一度や二度はあるのですね。

また、このワンナイトラブは、ナンパだからこそ起きやすい。

僕はナンパ以外にも、通常の恋愛活動も色々やっていますが、これまでの経験上、ワンナイトラブが起きた時の状況は「ナンパが一番多かった」です。

なので、僕の経験上でも、ワンナイトラブが一番起きやすいのは“ナンパ”だと言えます。

ナンパでワンナイトラブ(当日お持ち帰り)が起きやすい“理由”・・

 

ではなぜ、ナンパで上手くいくと、“ワンナイトラブ”が起きやすいのか?と言うと。

第1回目のブログ(⇒桐明達也です。本日よりナンパブログ、始めます。)でもお話したように、ナンパって、それをされる女性からすれば、“衝突事故”みたいなもので、冷静な判断をするのが難しいから、というのが答えとして最も近いかな、と思います。

もちろん女性も、ナンパしてきた男に嫌な印象を持ち、ダメな時はきっぱり断るわけですが、OKする時は、かなり“女性の内面のタイミング”(ちょうど暇だった、ちょうど彼氏と別れたところ、ちょうど嫌なことがあって飲みたい気分だった、等)でOKするところがあり、その場合、アルコールなども入って盛り上がってしまった場合は、勢い、ベッドインまで・・ということも、本当に普通に起こり得ることなのです。

まあ、この場合、後で酔いが醒めてから「あっちゃ~・・失敗しちゃった・・」となったりするのですが、逆にそのことがきっかけで相手の男と交際に発展することも多いのです。

ちなみに、僕は「後者のパターン」がけっこう多いです^^

ナンパという行為は、他の恋愛手法の中でも、かなり異例のもので、まず、見ず知らずの女性にいきなり声をかけるというスタートから他には無いやり方ですし、またそれが上手くいけば、声をかけた数十分後にはどこかの店で一緒に仲良く飲んでいる、ということも普通にあるわけです。知り合ってまだ間もないのに。

ナンパは、このように出会いの仕方から、まず“普通”ではないですし、また上手く行った場合、相手と親しくなるまでの速度が他の恋愛手法に比べ、異常にスピーディーなので、それに比例してベッドインまでの距離(時間)も短くなる、というのは、ある意味、合理的なことでもあるのです。

全うで正当な恋愛活動をしていれば、まずは硬い挨拶から始まって、メールなどで連絡を取り合い、デートを何度か重ねながら徐々に親しくなっていくので、知り合った当日にいきなりベッドイン(ワンナイトラブ)ということは、ほぼありません。

でも、その出会いの仕方から普通でないナンパは、普通でないが故に、普通でないこと(ワンナイトラブ)も、また起こってくるのです。

ワンナイトラブなんて自分はしなくていい!普通が一番だ!という方は、一般的な普通の恋愛活動をされていくのがいいと思います。

でも、“ワンナイトラブ、おれもしてみたい!”“知り合った好みの女をその日にお持ち帰りしたい!”こういう気持ちを持っている方は、そして、それを高い確率で実現しようと思えば、やはり“ナンパ”しかありません。

というわけで、“ナンパでワンナイトラブ”、は本当にありますし、また他の恋愛手段に比べ、これが一番起こりやすい手段でもあります。

その日知り合った女性とその日にベッドインしてみたいという方は、ぜひナンパ、やってみてくださいね^^

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー