非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパの声かけにビビらない、強いマインドの作り方⇒「コレ」をしてください。

ファイティングポーズをする眼鏡をかけた男性

ナンパの声かけにビビらない、強いマインドの作り方とは? 実は、ナンパの声かけは「コレ」をすれば、ビビらず出来るようになります。その“ナンパの声かけにビビらない、強いマインド”の作り方とは・・?

「ナンパの声かけにビビらないマインド」の作り方とは?

 

ども!桐明です^^

さて、本日はのテーマはこちら⇒「ナンパの声かけにビビらない、強いマインドの作り方」こちらをお送りしたいと思います。

日頃、ナンパのコンサルをしていますと、

「ナンパの声かけが、どうしてもできません・・」

「いつも(ナンパを)やろうと思っても、“地蔵”になってしまいます・・」

と、そういったお悩みをお伝えになられる方が、けっこうおられます。

これまでに、まだナンパを一度もやったことがなくて、これからナンパをやってみようと思う方、または、ナンパ初心者の方に多いお悩みです。

これって、なぜ、そうなってしまうのか、そうなる(ナンパの声かけができない)方の“深層心理”を探っていくと、「その答え」が見えてきます。

「ナンパをやろうと思っても、どうしても声かけができない」「やろうと思っても、地蔵になってしまう・・」そういう方は、自身をそうさせている深層心理は様々だと思いますが、そうなる方は、概ね、「次のような深層心理」があると思います↓

・声をかけるのが恥ずかしい

・声をかけて、女性に変に思われたらどうしよう

・声をかけて、女性に嫌な態度・リアクションをされたらどうしよう

・声をかけても、その後、何を話していいか分からない

主に、「こういった理由」が深層心理にあって、声かけができない、といった方が多いと思います。

結局、上記のこと(深層心理)を、ざっくりと一つにまとめますと、ナンパの声かけが出来ない方は、ナンパ自体を、潜在的に

・女性が嫌がる、恥ずかしい行為

だと思っているところがあります。

だからこそ、上記のような感情が生まれてくると思います。

でも、ナンパを十代の後半から、ずっと長くやってきて、また、これまでに数千人以上の女性をナンパしてきた僕からすれば、女性にナンパをすれば、全ての女性がナンパに対して否定的、というわけではありません。

ナンパをした女性の中には、ナンパをされて、内心まんざらでもない、という女性もいますし、または、ナンパをされて嬉しく思う女性もいます。

また、ナンパをされて、そのナンパにはOKをしなくても、ナンパをされたこと自体に嬉しいと感じる女性もいます。これも、まあ、ナンパに対して肯定的な女性ですよね。

もちろん、ナンパを頭から否定している、ナンパを嫌がる女性もいます。

でも、ナンパをやっていくと、前述した、それぞれの女性のこれ↓

・ナンパを頭から否定している女性(ナンパをされることが嫌い)

・ナンパをされた段階では、ナンパに否定も肯定もない女性

・ナンパをされて嬉しく思う女性

これらの女性の割合は、ナンパを、僕が数多くしてきた女性のトータルで見た場合、大体、それぞれ「3割ずつ」ぐらいになってきます。

もし、上記の「ナンパをされた段階では、ナンパに否定も肯定もない女性」この女性も、肯定の方に入れますと、ナンパ自体に前向きな女性は、約6割ぐらいはいることになります。

今、これを読まれた方は、そんなのは机上の空論、数字上のロジックだ、と思われるかもしれませんが、実際、これまで長くナンパをしてきた僕が、その経験則で感じる、かなり角度の高い情報、割合です。

ナンパというものは、この6割(広い意味で肯定的)の女性に意識、目を向けてやっていくようにすると、ナンパが楽しくなってきますし、冒頭言ったような、ナンパがしづらいメンタルには、なりにくくなります。

ナンパをした際、その女性が「ナンパに喜ぶ女性」でしたら、その行為はお互いにウインウインですからね。それは、ナンパをやって良かった、となります。

僕は、普段、上記のこと(女性の割合)をベースにやっていますので、女性をナンパをする際、声をかけるのが恥ずかしい、とかは全くありません。

なぜなら、上記のことをベースにすると、ナンパとは、いわば、これ↓

・ナンパは、あくまで、女性へのこちらからの「提案」

だからです。

これに対して、その女性が嫌だと思えば、ガンシカ(ガン無視)されるでしょうし、上述した、ナンパに比較的、肯定的な女性は、そこでどうするか悩み、逡巡するでしょう。

ナンパという行為は、これ↓

・ナンパは、あくまで、女性へのこちらからの「提案」。

これ以上でも、これ以下でもありません。

これをやって、これについて、どう思うかは女性次第。嫌だと思う女性もいれば、良いと思う女性、また、その中間くらいの感情の女性もいます。

上述したように、「こちらの提案(ナンパ)」に喜ぶ女性がいる以上、ナンパは別に恥ずかしい行為ではありません。女性に、一度「提案してみる」だけ、ですから。

繰り返しますが、その提案を嫌がる女性もいれば、喜ぶ女性もいる、ただそれだけのことです。喜ぶ女性がいるのなら、これをやる価値はあります。

もちろん、僕も、もし、ナンパが、全ての女性が嫌がるものでしたら、さすがに僕もナンパはやってないですよ。全ての女性が嫌がるものでしたら、やる価値はないですし。嫌がることをやるわけなので。

でも、ほんと、ナンパを長く、また数多くやっていけば分かりますが、ナンパを肯定的に見る女性は、実際、全ての女性のうち、半数以上はいます。

それならば、ナンパをやる意味、価値はありますし、あとはこちらは、女性に「提案(ナンパ)」をしてみて、それをどう判断するかは、女性にお任せする。

ナンパに限らずですが、この世の中、全ての人間に良く思われる、好ましく思われることは、まず、ほぼ不可能です。

僕のこのブログだって、たまたま読んでみて、

「なんか、こいつ、めっちゃ腹立つな!」

と思っている方もいるかもしれませんし(極力、そういった方がいないことを切に願います・・汗)。

そういう人のことを、こちらが、ことさら意識していたら、多分、僕はブログは書けてないと思います。

でも、こんな僕のブログでも、

「読んで、けっこうタメになった。」

「ナンパのことは、中々、参考になるな」

と思われている方も、また一方で、おそらく、おられると思います。

そういう方がいらっしゃる以上、僕はこのブログを書く意味、価値はありますし、また、僕は日頃、そういう方に向けて、このブログを書いています。

ずばり、僕がナンパをする時の感じも、これと同じような感じですね。

人間、アンチ(嫌いな人)をことさら気にしていたら行動できないと思いますが、それを良いと思ってくれる人がいるのなら、それをやる意味はありますし、皆さんも、ナンパについては、ぜひ、そのような感じで取り組んで頂けたらなぁ、と思います。

あと、本日お話しました、「ナンパの声かけができない」「地蔵になる」という方は、僕のナンパのコンサルを一定期間受けられますと、この辺りは、楽勝でクリアーしていけると思いますよ~^^

また、ナンパが成功する「正しいナンパのやり方・ノウハウ」の具体的な話につきましては、こちらでそのことを詳しく解説していますので、良ければ、またご覧になってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料メールセミナー

by 桐明達也

桐明達也の10日間無料セミナー

桐明達也のナンパコンサルの受付はこちら。