非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

ナンパって、ぶっちゃけコスパは良いの?それとも悪いの?どっち?

f:id:kiriake-tatsuya:20180310004419j:plain

ナンパは「コスパ」が良いのか、それとも悪いのか?“ナンパとコスパの関係性”について、真面目に考えてみたいと思います。ナンパって、コスパ良いの?悪いの?どっち?

ナンパは「コスパ」が良い、それとも悪い?

 

桐明達也です。皆さん、こんにちは。

本日のテーマは、「ナンパとコスパ(コストパフォーマンス:費用対効果)の関係性について」これについてお話したいと思います。

“ナンパとコスパの関係性”だなんて、なんだかビジネスチックで、小難しい話でもするのか?と思われるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

僕の話は基本、“ゆるっゆる”、なんで(笑)

ただ、ナンパを“コスパの面”から見ること、また話すことは普通に出来ます。

ナンパに限らず、この世の中の大抵のことには、「コスト(費用)」がかかり、それに対しての効果を測ることができるからです。

ナンパも、成功して女の子を連れ出ししたら、そこでの飲食代などがかかってきますし、また、“その日にお持ち帰り”、なんていうラッキーなことが起きたら、ホテル代もかかります。

また、ナンパをする時の格好も、全身「ユニクロ」「しまむら」というわけにもいかないので、多少お洒落な感じにしようと思えば、洋服代もかかってきます。

つまり、ナンパをする上で、何にどれだけの費用がかかり、そしてそれに対して、どれだけの結果(ナンパの場合、女の子のゲット)があったのかという、“コスパ”は、他の恋愛手段に比べ、良いのか悪いのかを測ることは出来ます。

そこで、ナンパはコスパ的にどうなのか?というのが、本日のお話なのです。

ナンパはコスパの良い恋愛手段。その“4つの理由”

 

いきなり「結論」から言いますと、ナンパは、他の恋愛手段(パーティー、合コン、ネットを通じての出会い等)に比べ、非常に「コスパが良い」です。というか、最もコスパの良い恋愛手段と言ってもいいと思います。

なぜか?その理由を今から簡潔に書いていきたいと思います。

ナンパはコスパが良い理由 その1:ナンパをするのに、初期費用は一切かからない

 

何を当たり前のことを・・と思われるかもしれませんが、ここの部分は、けっこう重要なところです。

例えば、出会いパーティー(または、お見合いパーティー等)みたいなものは、参加しようと思えば、最初に5千円ほど払わなければなりません。

それに参加してどうなるか分からないのに(良いと思う女性をゲットできるか分からないのに)、参加するだけで5千円ほど払わないといけないのです。なので、これに参加すれば、何も結果を得られなくても、毎回財布から5千円ほどが無くなっていきます。

また最近は、「相席屋」といった、行けばその場で2,3人の女性と引き合わせてくれて一緒に食事が出来たりするものもありますが、これなんか、調子に乗って長くそこにいてると、普通に2,3万円はかかってきます(友人と二人などで行った場合)。

相席屋は女性はタダなので、女性の飲食代も男が持つことになるので(プラス、サービス料も加算されて)、2,3時間過ごすだけでも、けっこうな費用がかかってきます。

また、ここには、「相席屋に行けば、タダで飲み食いができる」という目的で来ている女性も多いので、そういう女性に当たると飲食代だけ払わされて結果に繋がらない、ということが起きてきます。その場合、店を出る時には財布からお金だけが無くなっています。

それでは、ネットの出会いは?というと、これも本格的に好みの女性を探そうと思うと、なんやかんや、登録料やサービス料金などがかかってきます。

例えば、今流行りの「マッチングアプリ」などは、可愛い女の子の目に留まりやすいところに自分の紹介ページを掲載してもらおうとすると、それだけで月額1万円取られたりします。そして、マッチングアプリで本格的に可愛い女性と知り合おうとすると、結局、この有料サービスに入らなければ、ほとんど成果が出ないという、アプリ側の上手い商売になっていたりします。

さて、ここで「ナンパ」ですが、ナンパはそれをやること自体には、一切のお金はかかりません。あなたがやる気になれば、一切の費用はかからず、ナンパをすることができる。しかも、自分が好みの女性を狙ってアプローチすることが出来るのです。

この点が、他の恋愛手段とは全く違うところ、“コスパの良いところ”となります。

ナンパはコスパが良い理由 その2:自分が本当に好みの女性に、最初からアプローチできる

 

これも、他の恋愛手段とは決定的に異なる、ナンパのかなりでかいコスパの良い部分なのですが、ナンパは、ゲット出来るかどうかはともかく、街で見かけた自分が本当に好みだと思う女性に、いきなりアプローチすることが出来ます。

成功すれば、自分の好みの女性が手に入るわけだから、これほど良い話はないですし、また失敗するにしても、とりあえず自分の好みの女性に一度はトライすることが出来る。

でも、他の恋愛手段(出会いパーティー等)は、あくまで「その出会いの場の中で」、まだ自分好みだと思う女性を探していくという作業になるので、必ずしも、ドンピシャの自分好みの女性がいるかどうかは分からない。簡単に言えば、女性を選ぶのに、ある程度の妥協がそこには入ってくるわけです。

そして、そこで本当に好みの女性を探そうと思ったら、そういう(好みの)女性に出会うまで、何度もそこに通わなければならない。そうすると、そのための出費と時間がかさんでくる、というわけです。

ナンパは、そういう遠回りや無駄な出費をすることなく、街で見かけた自分好みの女性に、いきなりアプローチすることができる。自分好みの女性をゲットしようと思った時、これほど時間とお金の面でコスパの良い方法はないのです。

ナンパはコスパが良い理由 その3:成功すれば、女性と仲良くなる時間を“ショートカット”できる

 

ナンパは成功すれば、他の恋愛手段に比べ、一気に女性と仲良くなることが出来ます。

なぜなら、上手くいった場合、女性と最初から顔と顔を合わせて話をしているので、他の恋愛手段に比べ、お互いの人物像にあまりズレがないからです。

例えば、ネットのサイトか何かで出会った場合、メールのやり取りをしている時は盛り上がっても、いざ本人と会ってみると、“想像していた人と違った”となって、ダメになるケース、けっこう多いです。やっぱり、写真はいくらでも盛れますからね。

その場合、例えば1ヶ月近くメールのやり取りをしてきてこれだったら、それまでの時間と労力が無駄になってしまいます。

メールのやり取りだけだと、実質、お金はかからないかもしれませんが、それにかけた時間と労力をお金に換算すると、なかなかのものになると思います。

つまり、遠回りで相手と知り合うため、相手を知るための“確認作業”が必要になり、親しくなるまでに時間がかかる。

また、出会いパーティーなどで知り合った場合も、最初、短い時間でしか話せず、お互いに猫を被っているので、改めて食事などに行くと、「あれ、こんな人だったの?」ということも多々あります。これも先ほどと同じで、ワンクッション挟んでいる分、無駄な時間と労力になります。

でも、ナンパは上手く行った場合(連れ出しなどをしたら)、もう最初から顔と顔を合わせて話すので、お互いの印象はその場で確認することが出来る。

なので盛り上がれば、他の恋愛手段のような確認作業が要らないので、一気に親しくなることができるのです。そういう意味で、ナンパは、時間と労力のコスパが非常に良いと言えます。

ナンパはコスパが良い理由 その4:成功すれば、一気に最終目的(肉体関係)を果たすことができる

 

これがナンパの、他の恋愛手段に比べ、「最もコスパの良いところ」です。

こういうことを女性が聞くと、酷く嫌な気持ちになられるかもしれませんが、男性が女性にアプローチする時の最終ゴールは、やはり「肉体関係を結ぶこと」です。

もちろん、真面目に真剣な恋愛関係を考えてのアプローチもありますが、男性が好みの女性と交流を始めた時の、とりあえずの目標は“肉体関係を結ぶこと”。ここを目指して男は皆、頑張っていくのです。

そこで、ナンパは、普段ナンパをやらない方には信じられないことかもしれませんが、上手くいけば、“ナンパした女性とその日のうちにベッドイン”ということも、それほど特別な話ではなく起きてきます。

例えば、ナンパをした女性と盛り上がって、その2時間後にはホテルで肉体関係を結んでいた、なんてことは、ナンパに限って言えば、上手くいった場合、本当に起きてくるのです。

これが、通常の一般的な恋愛手段ですと、まずはデートして打ち解けて、その後、何回かデートして、キスをして、スキンシップをして、やがて・・といった工程を踏みますが、ナンパが最も上手く行った時は、これらの工程を全てすっ飛ばして、知り合って2時間後には抱き合っている、ということが起きてきます。

ちなみに自慢ではないですが、僕はこれ、けっこうやってます^^

ナンパは、上手くいけば、男の最終目的地までの過程を一気に飛ばして、そこに到達する可能性があるので、ここはナンパの持つ、「一番大きなコスパの良い部分」だと思います。

ナンパは「高コスパ」の恋愛手段。やらない手はない!

 

以上、主に“4つの理由”から、ナンパは他の恋愛手段に比べ、コスパが良い、「高コスパな恋愛手段」だと断定することが出来ます。

今、これをお読みの皆さんも、上の僕の解説を読まれていかがでしょうか?ナンパをコスパで見た場合、コスパが良いと思いませんか?

実際、上手く行った場合、コスパが良い恋愛手段は、確実に「ナンパ」です。なので、僕なんかは、なんでみんな、もっとナンパをやらないのか、不思議で仕方ないです。

やって失うものはほとんどなく、成功した場合、得るものが非常に大きいのです。まさに“ローリスク・ハイリターン”です。

それでも、皆がそれほどやらないのは、やっぱり「声をかける勇気が出ない」「失敗したら恥ずかしい」とか、この辺りでしょうね。

でも、こういうのも、マインドの部分をちょこっといじれば、もうすぐに克服できますよ。

僕のコンサルを受けられる方は、最初、「ナンパをするのがものすごく恥ずかしいです!」と言っていたような方が、数ヶ月すれば、「今日、彼女がいないので、思い切りナンパが出来ます!」と喜んでいたりしますからね。もう、そこに恥ずかしいとか、失敗したら、というマインドは一切無いわけです(笑)

まあ、そうは言っても、ナンパ初心者の方や、初めてナンパをする方は、やっぱり声をかける勇気がなかなか出ないと思います。

そういう方は、僕のコンサルを一度受けてみてください。一日で、そういった気持ちは見事に無くなりますので(笑)

by 桐明達也

ナンパが“最速で”上手くなりたい方は、こちらが超お薦め☆↓

桐明達也の10日間無料セミナー