非イケメンの凡人男が9年で637人の女をゲットしたナンパの仕方

非イケメンの凡人男が9年で637人の女性をゲットしたナンパの方法を公開しています。

一般の50代の男が、ナンパで女子大生をゲットできるか検証してみた⇒“その結果”は・・

f:id:kiriake-tatsuya:20200911223159j:plain

一般の50代の男が、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるか検証してみました。“その結果”は・・?かなりシビアで、また、“ガチな検証結果”が下記に記されています・・気になる方は、“続きの記事”をお読みください・・

一般の50代の男が、ナンパで「女子大生(JD)」をゲットできるのか、検証してみると・・


桐明達也です。皆さん、こんにちは。

さて、本日のテーマはこちら⇒「一般の50代の男が、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるか検証してみた⇒“その結果”は・・」こちらをお送りしたいと思います。

というか、結構、普段から、この検証(50代の男性が、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるか)はやっているんですけどね^^

なぜか、と言うと、僕のナンパのコンサル生には「50代の男性」が、他のナンパ塾やコンサルに比べ、その数の割合が多いからです。

なので、僕のナンパのコンサル生の「50代の方」のコンサルをしておりますと、必然的にこの検証(50代の男性が、ナンパで女子大生をゲットできるか?)は、普段から、ごく自然にやっているというわけです。

まあ、「女子大生だけ」をターゲットにしているわけではないですけどね。

で、肝心の一般の50代の男性が、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるか?ですが、これは、もう普通にゲットできますね、50代男性でも「現役の女子大生」を。

実は、つい最近も、僕のコンサル生のある50代の方から、「ナンパで女子大生をゲットしました!」というご報告を受けたばかりですし^^

僕自身、長年ナンパをやってきて、また、人にナンパを教えてきた立場として、「50代男性は、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるのか?」について言うと、これは“正しいナンパのやり方をすれば”、の前提にはなりますが、ごく普通に、また余裕で可能です、ハイ。

でも、これがもし、「50代男性が、ナンパで23歳~25歳の社会人の女性をゲットできるか?」といった検証になったら、これは女子大生に比べたら、そこまで「できます」と、はっきりとは言えなくなるんですけどね。

でも、「女子大生(JD)」であれば、一般の50代の男性が、ナンパで女子大生をゲットできますか?という質問には、はっきりと「できますよ!」と答えることができます。

では、なぜ、50代男性でも正しいナンパのやり方をすれば、ナンパで女子大生(JD)をゲットできるのか?と言うと、その理由は、ずばりこれになります↓

・女子大生は“好奇心旺盛”

・女子大生にとって、50代男性は、もはや“未知の生き物”

・若いので、未知の生き物には、多少なりとも興味がある

この3つのポイント。

50代男性でも、ナンパで女子大生(JD)をゲットできる理由は、大きく、「この3つのポイント」から説明することができます。

まあ、上の3つのポイントを、一つに集約して簡単に言うと、

「女子大生にとって、50代男性は遠い存在すぎて、“あまりリアリティが無い”」

だから、50代男性でも、ナンパのやり方次第では、ナンパで女子大生(JD)をゲットできる、と言えます。

でも、これが、学生を卒業して社会人になり、一年、二年過ぎた「20代前半~半ばの女性」になると、50代男性は、普段、会社でもよく見ている“リアルな存在”になってくるので、ちょうどこの年齢の若い女性を、50代男性がナンパでゲットすることは少し難しくなってくるのです。

でも、まだ社会に出ていない「女子大生(JD)」になると、普段、それほど、一般の50代男性と交流する機会が無いので、50代男性のこともよく分かっていないんですよね。まあ、おじさん、という目では見ているとは思いますが。

なんというか、ある種、“遠い国のキャラ”、みたいな。とにかく、女子大生(JD)は普段、50代男性と交流する機会が無いので、50代男性というものに、あまり「リアリティ(現実感)」を感じられない。

でも、だからこそ、「正しいナンパのやり方」をすれば、50代男性でも、ナンパで女子大生(JD)をゲットできる可能性、チャンスがあるのです。

つまり、下手に「相手のことを知っている」よりも、ほとんど相手のことを知らない、身近にその相手の情報が無い相手の方が、案外、ちょっとしたきっかけで仲良くなってしまうのです。

例えば、外国の人と知り合って、仲良くなって結婚する、みたいなものですね。かなり“飛んだ例え”になりますが。

いずれにしても、

“50代男性 vs 女子大生(JD)”

というのは、距離感的にはだいぶ離れていますので、だからこそ、50代男性が女子大生(JD)をナンパした場合、そのナンパが上手くいった時は、50代男性が女子大生(JD)をゲットすることも大いにありうるのです。

実は、僕のナンパのコンサル生の50代男性でも、ナンパが、いい感じで成功し始めている方は、話を聞くと、なんやかんや、“女子大生をゲットした”という話を聞くことが多いですね。

僕は基本、50代男性がナンパを始められた時は、最初しばらくは、アラサーぐらいの年齢(28歳~33歳)の女性から、徐々に慣らしていった方がいいと、普段言っているのですが、そういう僕のナンパのセオリーを、ある意味、無視している50代のコンサル生の方が、ナンパが成功された時は、「女子大生をゲットしました」という報告を聞くことがけっこう多いですね。

僕は、やっぱり、50代男性がナンパを始めた時は、50代男性と「親和性のあるアラサーのOL」からアプローチしていくことを勧めていますが、でも本当に、50代男性のナンパと、女子大生(JD)とは、そもそも、相性が凄く良いのかもしれません。

というわけで、本日も話が長くなりましたが、本日お伝えしたいことは、50代男性が、ナンパで女子大生(JD)をゲットすることは、ナンパのやり方次第で、全然可能なことなので、今、これをお読みの50代男性の方で、ナンパで女子大生(JD)をゲットしたいなと思われる方は、50代男性が、ナンパで女子大生(JD)をゲットすることは、「現実的に全然ある」ことなので、ぜひ、普段のナンパでも、女子大生(JD)を狙っていって欲しいなと思います。

また、ナンパが成功する「正しいナンパのやり方・ノウハウ」の具体的な話につきましては、こちらでそのことを詳しく解説していますので、良ければ、またご覧になってみてください^^⇒桐明達也の10日間無料セミナー

by 桐明達也

桐明達也の10日間無料セミナー

桐明達也のナンパコンサルの受付はこちら。